そろそろ、ちゃんと見ること・読むことを、書くこと・描くことへつなげていくことが大事なんだと思った。



 最近、色々思うところあって、自分の根源的な部分に関する確信みたいなものを得た。つまり、「ああ、俺にはこれしかなかったんだな」という。
 そういう確信が、多分見ること読むことの姿勢、視線もまた、確たるものにしていくんだと思うんだけど。

 では、その「見ること・読むこと」をどう「書くこと・描くこと」に繋げていくか。

 この問題に、やはりぶち当たるのだった。これは、ずっと前から自分がぶち当たってきた課題でもある。
 
 どうにもここが上手くつながらない、そしてそれがつながらないから、語りだせない、語りだすものに力が宿らない。
 

 さて、近頃、それを繋げるための一つの予感(?)を持てた。忘れないためにちょっと記しておこうと思う。

【続きを読む】

web拍手

| main |