上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
IMGP0575.jpg
 「鉛筆等で書くと、紙の上で練り上げるような書き方になり時間がかかる。 消しゴムで消せないペンなどで絵を描くようにすると、描く前に、描こうとする線が見えてる必要あるので、矯正されて、一撃で絵が描けるようになる」

 というような話を聞いたことがあるので、たまにボールペンでイラストの練習するようになった。
 そうして実感したのは、ボールペンも種類によって書き味が全然違い、気分よく書けるものとそうでないものがある。それによって、自分の絵の質や「学び・気づき」も変わってくる、ということ。
 なので、自分が描きよいものを選ぶことが重要になってくる。

というわけで、ボールペンの話。

【続きを読む】

スポンサーサイト
web拍手
SN3V0297.jpg

 鉛筆
次は芯ホルダー。
 画像右の3本は。全て、ユニホルダー
 他にもロットリングとかがあるらしいけれど、とりあえずこれを買ってみた。

 電動鉛筆削りがすぐ使えるときには、鉛筆でいい。もちろん、削る時間も短い鉛筆の方が効率がいいし、何より使い慣れてて持ちやすい。
 そうでないときは、2mm芯ホルダーに頼ることになる。芯ホルダーは携帯性に優れてて、書き味が鉛筆に似ているところがよい。

 僕の場合は、もっぱら電車の中でスケッチブックにラクガキするか、パソコン前でラクガキするか、というときに使う。 
 中には、「これでなきゃ絵が描けない!」ていう人もいるらしい。

【続きを読む】

web拍手
SN3V0204.jpg
何となく気が向いたので道具紹介
とりあえず鉛筆から紹介。

【続きを読む】

web拍手

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。